(評価・評判)クリックテールを1年弱使ってみて

ClickTale

 

クリックテールを運用し出して、1年弱が経った。簡単ではるが、私なりの評判・評価をしてみようと思う。

総論として良い

総論として、使ってみてとても良かったと感じている。以下に理由を列記するが、

  1. サイトのCVR(コンバージョンレート)が上がる
  2. Web上のユーザーの動きが読めるようになる
  3. 各ページにおいて、必要なコンテンツや要素がわかるようになる
  4. Webサイトのレイアウトのトレンドが一般に認知されているかどうかわかる

など基本的にポジティブな評判・評価だ。わかりやすいのだが、1が最も効果的で評判出来る項目だ。CVRを2倍程にした事例も多く、広告費用を削ってでも取組む価値がある。当たり前だが、元々アクセス・CVボリュームの方が効果も実感し易い。

円安などのせいで値上がりした為、代替ツールを探したが、改善に繋がるヒートマップを提供してくれるのはクリックテールだけ

見出し通りだが、ヒートマップが良い。というより、世の中の多くのヒートマップツールでは改善に繋がるデータまで提供出来ていないことがほとんどだ。特に月間のアクセス数(セッション数)が10,000以下のサイトに対して、有効なヒートマップを出せているツールがほとんどない。(世の中の中小企業のサイトだとこのくらいの母数のサイトも多いのではないだろうか)アベノミクスによる円安の影響などにより、クリックテールも値上がりしたため、海外のツールで代替サービスを相当探したが、ヒートマップだけは、クリックテールを超えるものが見つけれなかった。データーを取るのはあくまで改善する為であり、そこに繋がらないヒートマップのデータなどあってもなくても対して問題はない。

マウスムービングでわかるユーザーの動きや傾向

クリックテールを導入したけど、成果が上げられない人におススメしたいのが、このマウスムービングをひたすら読み込むという作業だ。それだけで、ユーザーがストレスを感じているポイントや、新しい発見がいくつもある。ただ、この作業は想像以上に時間がかかり、ややもすると眠くなったりするので、集中力を維持しながら、視聴を続ける忍耐力も必要だ。慣れてきたら、「サイトが企画者の意図通りに利用されているか?」又はユーザーのフィルターリングが可能なので「問合せページまでは移動したが、コンバージョンに至らなかったユーザーの傾向は?」など仮説に対してのユーザーの利用をチェックしていくのも良いだろう。このマウスレコーディングの100本ノック的な分析は、クリックテールの初期ユーザーに特におススメしたい。※ちなみにマウスムービングだけなら、他の割安なツールでも提供されているので、チェックするのも良いだろう。

まとめ

フォームの最適化はブログで他の方も評判を書いているので割愛するが、クリックテールを1年弱使ってみての評判・評価は非常にポジティブである。

2015/01/18

LINEで送る